シャープES-GE7A全自動洗濯機が激安価格で買える

シャープES-GE7Aは洗濯槽に穴がないタイプで水が洗濯槽内だけにしか溜まらないためその分水が節約できてそれに黒カビが生えにくいようになっていて洗濯物も清潔にできる7㎏洗えるタイプの全自動洗濯機なのですがこれが激安な価格で買えるところはないものか調べてみました。

シャープES-GE7A全自動洗濯機

シャープES-GE7A全自動洗濯機は在庫が無いようです。

シャープ全自動洗濯機7㎏を楽天市場で探すならコチラ!!

洗濯機をよく見てみるとその洗濯槽には穴が開いていますがその役割については考えてみたことがあるという人は少ないのではないかと思います。
ちょっと想像すれば思いつくことではありますが脱水時に水が通る穴だと思います。
という事は普通の洗濯機は洗濯するときはその外側まで水が溜まるんですよ。
このシャープES-GE7Aはその普通は開いている洗濯槽の穴が開いていないタイプの全自動洗濯機でその分使う水は少なくて済みます。
通常であれば洗濯槽の外側の手が届かないところにも水が溜まるという事は時間の経過とともにカビが生えてくるのは避けようがありません。
どうしてかというとここには衣類から洗い落とした皮脂汚れや洗剤のかすなどがどうしても溜まってきてしまいます。
そしてその溜まってしまった汚れに黒カビが生えやすいんですよね。
ですが穴がないために水は外へは行き来できませんので外側で発生したものが中に入ってくることもありません。
穴がないという事で一つ気になることがありましてそれは脱水の時水はどこへ行くのかという事です。
穴がないという事は脱水に時には遠心力で上へ行くか下へ行くかなのですがこの機種の場合はどうも上へ誘導されているようでここにはカビが生える可能性があるようですからいつもきれいにしておきたいですね。
マイナスのことばかり考えていても前へは進めません。
穴が開いていないことで1回につき約27Lもの水が節約できるらしく複数回の洗濯をするご家庭では27L×回数という水の節約量なりますね。
それから洗濯槽はAg+抗菌と防カビ加工が施してあります。
そして槽クリーンコースというものもありパルセーターの裏側まできれいに保ってくれます。
穴がないという事だけで結構長い説明になってしまいましたね。
それからこの機種は7㎏まで洗えるようになっているのですが洗濯時間の目安としてはどれだけかかるのでしょうね。
調べてみるとおもしろい事がわかりました。
東日本と西日本でその時間が違うんです。
勘の良い人はお気づきかと思いますがそれは電源周波数のよるものです。
東の方は50Hzですから標準コースで41分ほどかかり同じ標準コースでも西の方は60Hzで37分となっています。
余談ですがこの電源周波数は発電所ができた当初の採用された発電機のメーカーの違いにより生まれたんだそうですよ。
その時に関東で発電していた発電会社が採用したのがドイツ製のものでこれが50Hz仕様だったそうです。
関西の方はアメリカのゼネラル・エレクトリック製の発電機でこれが60Hz仕様だったそうです。
それから変わらないまま今に至っています。

シャープES-GE7A全自動洗濯機は在庫が無いようです。

シャープ全自動洗濯機7㎏を楽天市場で探すならコチラ!!