日立ヘルシーシェフMRO-TS8が激安価格で買える

日立ヘルシーシェフMRO-TS8は庫内の底3か所で重さを計るトリプル重量センサーを採用しオーブンを使用したすぐ後でも自動あたためが使える総庫内容量が31Lの過熱水蒸気オーブンレンジなのですがこれが激安な価格で買えるところはないものか調べてみました。

日立ヘルシーシェフMRO-TS8

日立ヘルシーシェフMRO-TS8の楽天市場で最安値のお店はコチラ!!

ほとんどのオーブンレンジにはオートメニューというスイッチを押すだけで調理してくれる機能が付いています。
それを可能にしているのがセンサーですがこれには赤外線センサーや重量センサーなど複数の種類があって単独で搭載されているものや複数が組み合わせて搭載されているものがあります。
どんなセンサーが搭載されているかによって使い方は変わってきますのでこれをしっかりと理解するのは重要な事になります。
この日立ヘルシーシェフMRO-TS8の場合は庫内の底部3か所に重量センサーを配置したトリプル重量センサーと温度センサーが採用されています。
もしこれが温度センサーだけだったとしたらオーブンなどを使った後では自動あたためは使えません。
それはすでに庫内が高温になっているからでこれでは食品の温度を計ることが出来ません。
赤外線センサーだけの場合でも高温になった庫内には赤外線があふれているでしょうからその間は役に立たないでしょう。
それが重量センサーなら温度や赤外線は関係ありませんから使えるんですよ。
ただし庫内が高温になっている場合は温度を設定するメニューは使えません。
それから過熱水蒸気が使えますからノンフライ調理などを行うときに通常のノンフライ調理以上にヘルシーにすることができます。
普通だと油で揚げるところを焼いてあげることで衣に油が浸み込まないためその分カロリーをカットできるというものですが過熱水蒸気を使う事で素材が元々持っている脂の中の余分な部分を落としてくれるという効果が出てきます。
その時に余分な塩分も落としてくれたりもします。
これなら食べられないとあきらめていたものもたまになら食べられるようになるかもしれませんね。
オーブンの最高温度は250℃ですが5分間加熱後に自動で210℃に切り替えを行います。
レンジは最高出力は1000Wですがこれは自動メニューでしか使えません。
手動では最高で800Wという事のようです。
搭載されているレシピ数は146ありオートメニューの数は111です。
オーブンは1段しか使えなくてがっかりする人もいるかもしれませんがこれに熱風が出るような機能を付けるとそれは上位機種と変わらなくなってしまい価格もそれによって同じような価格帯になってしまいます。
ですからこのオーブンが1段というところにも意味があるんです。

日立ヘルシーシェフMRO-TS8の楽天市場で最安値のお店はコチラ!!