三菱MR-B46C冷蔵庫が激安価格で買える

三菱 置けるスマート大容量 BシリーズMR-B46Cは定格内容積が455Lとけっこう入り幅が600㎜に抑えられていて氷点下ストッカーDや切れちゃう瞬冷凍やクリーン朝どれ野菜室などを搭載した冷蔵庫なのですが激安な価格で買えるところはないものか調べてみました。

三菱冷蔵庫MR-B46C

三菱 MR-B46Cの楽天市場で最安値のお店はコチラ!!

冷蔵庫の食品を新鮮なまま保存する技術というのは年々進化してきていて今後も進化して行くことだと思います。
個人的には今の状態でも不満はまったくありません。
それよりも同じような性能を持つ機種がもう少し安く買えるようにならないかなとそちらの方に興味があります。
この三菱 置けるスマート大容量 BシリーズMR-B46Cは同じ年に発売されて同じような大きさで同じような機能を搭載した冷蔵庫の中では買いやすい価格に設定された機種だと思います。
特長は氷点下ストッカーDと切れちゃう瞬冷凍とクリーン朝どれ野菜室を搭載して生鮮料品を新鮮に美味しく保存できることだと思います。
生鮮食料品というのは新鮮さが求められる食品の中でも特に青果と鮮魚と精肉のことなのですが品質を保つのが非常に難しい食品で常温ではすぐに傷んでしまいます。
だからこそ冷蔵庫が発明されたわけですが最近ではただ冷やすだけではなくいろんな工夫をしてただ冷やすだけよりも長い時間保存できるようになっています。
そしてそれは保存時間だけではなく美味しさも保つことが可能になってきているんですよ。
クリーン朝どれ野菜室の場合は密閉性を高めた密閉うるおい構造により低温とうるおいを保てるようにしています。
10年ちょっと前ぐらいからでしょうか野菜室にLEDが使われ始めて鮮度を保てる時間が長くなったんですよね。
LEDというのはいろんな色がありますがその色によって得られる効果が違うんだそうです。
この冷蔵庫の場合は青と赤と緑が使われているようですが昔は橙色のものを使っていた機種もあったような気がします。
この青と赤と緑という3色を使って1日のサイクルというのを作り出し光合成をさせているようです。
そうすることで栄養素が増えてくれるんだそうです。
それから氷点下ストッカーDは氷点下の-3℃から0℃の間で凍らないように低温で保存できる場所で細胞が破壊されにくくなっていますので旨みが逃げにくい状態で保存できます。
色も変わりにくいようですから見た目的にも良いですよね。
切れちゃう瞬冷凍は名前の通り冷凍されているのに包丁で切れてしまう状態で保存できる冷凍室です。

三菱 MR-B46Cの楽天市場で最安値のお店はコチラ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする