日立冷蔵庫真空チルドR-WX7400Gが激安価格で買える

日立 真空チルドR-WX7400Gは定格内容積が735Lととても大きくて真空チルドや新鮮スリープ野菜室やデリシャス冷凍などで食品を新鮮な状態でおいしく保存できるフレンチ6ドアタイプの冷蔵庫ですがこれが激安な価格で買えるところはないものか調べてみました。

日立冷蔵庫真空チルドR-WX7400G

日立 真空チルドR-WX7400Gの楽天市場で最安値のお店はコチラ!!

最近では大型の冷蔵庫の人気が高くなっているようでこれをどうとらえたらよいのかわかりません。
景気は良くなっているというけど給料は上がらないがそれでも大型の高価な冷蔵庫が売れる。
これは安い時にたくさん買うための方法なのか。
この日立 真空チルドR-WX7400Gも大型で735Lもの内容積を持つ冷蔵庫ですがドアがフレンチドアタイプになっていて意外と狭いところでも開きやすくなっています。
もちろんそれなりに幅や奥行きはありますので置き場所はどこでも良いという訳にはいきません。
幅は880ミリありますから据え付け時に余裕をみるとして1m弱必要という事になりますね。
奥行きは738ミリとこちらはこれよりも小さな機種とそんなに変わりませんが全体としてはどうしても容量の分大きくなります。
このクラスの冷蔵庫がどれぐらいの人数の食品を保存できるか調べてみるとなんと8人分ぐらい収納できるそうです。
しかしどこのご家族も核家族化していて人数的にはそんなに多い人数ではないんですよね。
それでもこの大きさのものをメーカーが出してくるというのはそこに需要があるからに違いありません。
さらにいろいろ調べてみると共働きで買い物は土日にまとめて1週間分買うというところも結構多いようでそうなるとふつうの計算方法は成り立たなくなってきます。
当然ですが大きめのものが必要になってきますね。
そうなるとこの大きさでも大きすぎるということはないのかもしれませんね。
この機種のそれぞれの部屋の配置ですが上から冷蔵室と製氷室と冷凍室上段と冷凍室下段と野菜室となっています。
いわゆる真ん中は冷凍室になりますね。
電気代ですがとても大きいので電気代もかなりのものではないかと心配されるのではないかと思っています。
しかし10年ほど前と比べるとかなり省エネ化されていて同じメーカーの300Lクラスのものと同じぐらいの330kWh/年となっています。
それほど驚くような数字ではないですがこれが許容範囲に入っているかどうかはそれぞれの家で考えていただくとしましょう。
R-WX7400Gの機能の方ですが肉や魚などを新鮮な状態でできるだけ長く保存できるように真空チルドを搭載しています。
この部屋は真空と一応書いてありますが完全に真空になるのではなく真空に近づけてという意味です。
この材質で真空にしようとしても割れたりして真空にはなりません。
しかし真空に近づければ低酸素状態にはなると思いますので十分に酸化して劣化するのを遅らせることは出来そうです。
そして凍らない氷温で保存すれば細胞も破壊されず風味や食感や旨みも落ちません。
普通のチルド室に入れておくよりもかなり良い状態を保てるのではないかと思います。

日立 真空チルドR-WX7400Gの楽天市場で最安値のお店はコチラ!!