シロカSC-C121全自動コーヒーメーカーが激安価格で買える

シロカSC-C121はコーン式ミルを採用していて香り高く豆を挽くことができさらに全自動でコーヒーを淹れて真空二重ステンレスサーバーで加熱せずに保温が出来るように作られている全自動コーヒーメーカーなのですがこれが激安な価格で買えるところはないものか調べてみました。

シロカSC-C121コーヒーメーカー

シロカ全自動コーヒーメーカーSC-C121の楽天市場で最安値のお店はコチラ!!

コーヒーメーカーというといろいろなメーカーから発売されていますがそれぞれに美味しく淹れる工夫がされていると思います。
例えば蒸らし方に工夫がしてあったりメッシュフィルターが採用してあったりとかですね。
抽出の時間や温度といったものはほとんどがプログラムされて自動で行いようになっているものがほとんどではないかと思います。
このシロカSC-C121の場合はミルにこだわって作っているようでかなり美味しいコーヒーができるようになっていますよ。
ミルにコーン式のものを採用して挽くときに豆に熱が加わりにくくしてあるんですよ。
このコーン式というのはデロンギなんかでも採用している方式のグラインダーです。
その他のほとんどのコーヒーメーカーでは臼式のものが採用されていているのですがこちらはプロペラ式のものよりは均一に挽くことができますが粗挽きから中挽きぐらいまで挽けるようになっています。
コーン式だと中挽きから細挽きまでかできるようになっています。
という事は粗挽きはできないんですかね。
しかし粗挽きというのはフレンチプレスなどで使う挽き方ですからこのシロカSC-C121に搭載する分には関係ありませんね。
ですが心配しないでください。
この機種では粗挽きから無段階で細挽きまでできるようになっています。
そしてこの方式であれば粒はそろうし熱が加わりにくいという特色を持っています。
この熱というのがかなり厄介で熱が加わってしまうとコーヒー豆が本来持っているアロマを揮発させてしまうんですよ。
そして味わうときにはそれがほぼなくなっている状態になってしまいます。
ですがその熱が加わりにくいという事です。
豆は100gまで入れておけるようになっていていちいち計量しなくても自動で計量してくれるようになっています。
これは便利だと思いますよ。
その都度計るというのも結構手間ですからね。
それからタイマーも付いていますので朝などは起きたら出来上がっている状態にすることができますよ。
そして香りにこだわって豆を挽いているのですから保温でもサーバーは加熱しないタイプになっています。
加熱しないといっても冷めにくいように真空二重ステンレスサーバーが採用されています。
これなら加熱で煮詰まってしまう事もありません。
ただし永久に冷めない訳ではありません。
淹れられる量は最大で4杯分までです。
それから豆ではなく粉でも淹れることはできますので安心してください。

シロカ全自動コーヒーメーカーSC-C121の楽天市場で最安値のお店はコチラ!!